体の中から美しく、漢方養生家族は一人一人の体質、体調に合わせて使うことが特徴とし、漢方や薬膳を用います。
     



肺の機能を高め、侵入するウイルスを防ぐ 
夏に新型インフルエンザが流行するなど、自然界の環境の変化、温暖化の影響を受け 細菌、ウイルスなどの出現で免疫力の低下やインフルエンザの抗体の無い方に感染しやすく、 感染しても症状が重くならない対策が必要です。
第一防衛ラインに感染を防ぐ、うがいに板藍茶、手洗いに薬用石鹸、消毒用エタノールなどで予防。
第二防衛ラインに口、のどからの進入を防ぐ漢方薬、天津感冒片、五凉華、養陰清肺を服用。
第三防衛ラインは体の免疫力で細菌、ウイルスを撃退する漢方薬参茸丸、八仙丸、冬虫夏草を服用する。
新型インフルエンザなどを漢方では温病と言い、温病(感染症)対策には歴史があり体質別の治療で症状を改善します。 予防には、肺の機能をたかめて感染しても軽く済む事です、インフルエンザは罹患する事で抗体が出来、同じウイルスに罹患しないので、 体の抵抗力を保つ事が重要です。

参茸丸
参茸丸は、肺、脾、腎の働きを高め、免疫力を強化して、新型インフルエンザ予防、罹患しても軽症で済む体質作りが重要です。
参茸丸は主薬を人参、鹿茸、という代表的な漢方薬で、肺、脾(消化器)腎(ホルモン系)を強化する滋養強壮剤です。
冬虫夏草、蛤カイといった補肺(肺を強化)する漢方薬が配合されているのが特徴です。 効能、効果。
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え
使用目標
中高年の呼吸器系統の強化や老化、元気不足、全身機能の衰退を改善する。
冷えからの息切れ、呼吸困難、過労や運動による咳の悪化、気管支炎、慢性気管支炎、
◎ 注意事項 生冷な食物は控える、風邪などの熱症状は禁用。



麦味参
麦味参の中国名、生脈散の適応は、気陰両虚 多汗、口渇、呼吸困難、心身疲労、息切れ、など心と肺の陰を補い、 肺の機能を高める。
麦味参の処方構成、人参は元気を大捕し、強心することでき、麦門冬と五味子の組み合わせは、心と肺の陰を補い、 人参の安神作用を強化することができる、体質改善、免疫機能の改善など陰陽のバランスを改善する。
夏バテ、夏の疲れなどを回復し秋から冬へ体力をつけ、かぜやインフルエンザの予防、肺の強化に麦味参をおすすめします。



補中益気丸
補中益気丸は、消化器の働きを高める「脾胃論」に基づいて作られた漢方薬で、重要な処方です。
内臓下垂、慢性的な下利、食欲不振を改善し、消化器の強化で体力回復し体のバリアを高め、肺の機能を強化します。
呼吸器系としての肺には消化器から吸収された水分を全身にめぐらし、肺に栄養を供給し温めることで、カゼを引きにくい体質改善にも用います。
消化器の弱いタイプの肺の強化に補中益気湯。食物注意 辛いもの、油膩な食物は控える。



プラセンタ(胎盤エキス、生薬名紫河車)
プラセンタは胎盤エキスで、中国では紫河車と言い新鮮な胎盤を火であぶって乾燥したもので、 漢方では補陽薬に分類され強壮作用のほか疲労、虚弱、気虚、血虚、喘息、肺結核、老人の慢性気管支炎などに用いられてきた。
紫河車は免疫作用があり、抵抗力を増し肺に機能を高める。
処方に河車大造丸があり、やはり肺を潤し、肺熱を収め、元気を補う処方です。
25年前父の肺炎の後遺症の治療薬として、河車大造丸を北京同仁堂で購入した事がありました。
オリジンPはこのように、「肺の働きを高める漢方薬」なのです。



衛益顆粒
玉屏風散(衛益顆粒)は、かぜの予防、かぜにかかりやすい、治りにくいなどの症状に 処方され、体の表面をバリアで守る働きから、「玉の屏風でカゼから体を守る」漢方薬を 玉屏風散といいます。
黄耆、白朮、防風などの生薬は、かぜ、多汗症、アレルギー鼻炎、花粉症などの慢性疾患に効果があります。
中医学ではカゼもタイプ別に対応し治療しますが、玉屏風散(衛益顆粒)でバリアを高める事で、 肺の機能を高めカゼを予防、インフルエンザに対する防御作用もあります。



シベリア靈芝
シベリア靈芝(チャガ)はシベリア地方の生きている白樺の寄生するキノコで、 白樺に出来たコブ(キノコ)に免疫力増強作用があります。
この地方の人々はチャガを古くから健康維持にお茶がわりに飲んでおりました。
シベリア靈芝にはマクロファジーを活性化しウイルスを抑制します、又シベリア靈芝には 抗酸化作用と活性酸素を除去する酵素に似た働きがあります。



白花蛇舌草
白花蛇舌草は、中国で昔から消炎、殺菌、解毒、排膿(うみを出す)などによく使用されてきました。
白花蛇舌草という一見して奇妙な名前は、白い花と蛇の舌のような形の葉を持っている事からつけられたアカネ科の一年草です。
発熱、口渇などがある方の感染症、炎症性疾患にも使われます。気管支炎、扁桃腺炎などの症状に清熱解毒薬が有効です。



潤肺糖奨
潤肺糖奨は、肺熱を冷まし肺を潤す処方で、のどの乾燥感、痛み、呼吸困難、無痰、発熱などの急性咽頭炎に用います。
玄参、川貝母、牡丹皮、赤芍、薄荷、生甘草、生地黄と熱を冷まし、潤す生薬が配合の処方で、肺陰虚(肺の潤い不足からくる肺熱) に効果のある玄参、麦門冬、川貝母など薬草が潤い不足の肺を補うシロップ剤です。




清肺治喘丸
清肺治喘丸は、肺熱を冷まし肺を潤す処方で、のどの乾燥感、痛み、呼吸困難、無痰、発熱などの急性咽頭炎に用います。
玄参、川貝母、牡丹皮、赤芍、薄荷、生甘草、生地黄と熱を冷まし、潤す生薬が配合の処方です。
肺陰虚(肺の潤い不足からくる肺熱)に効果のある玄参、麦門冬、川貝母など薬草が潤い不足の肺を補う丸剤です。




天津感冒片
天津感冒片は、ウイルス性の風邪を治し、ウイルス性のかぜは発熱に特徴があり、中国では「温病」と呼び、 湿熱の風邪を治療する作用のある、「清熱解毒作用」を強化した羚羊角、金銀花、連翹を配合し、風熱を発散させ、熱毒を消退させます。
天津感冒片は抗ウイルス作用もある為インフルエンザが流行し始めた時の予防薬として服用することも出来ます。



麻杏止咳錠
中医学では、ウイルス性のカゼは熱に変わりやすく、その熱が肺に鬱積(うっせき)すると、 炎症や痰の発生により咳を引き起こします。漢方薬としては、気管支を拡張し、痙攣を抑えて咳をしずめる麻杏止咳錠を用います。
麻杏止咳錠は、肺熱タイプ((肺の中で暴れる熱邪、痰が黄色い、舌が赤い、体内に熱がある)に処方され、 石膏や滑石のような熱をさます生薬のはいったせき止めです。



八仙丸
八仙丸は中国名、八仙長寿丸を基本処方として、肺の機能改善に有効な麦門冬、五味子の生薬を加えた補腎薬です。
効能は疲労倦怠感、口やのどの渇き、腰や脚の痛み、夜間多尿などに悩まされている、お年寄りにおすすめです。
体をうるおし、呼吸器疾患や進入するウイルス、病原菌に対する抵抗力を高めます。
特に年をとると抵抗力が落ちているのでカゼから肺炎を起こし、それが命とりなる事もあります。
呼吸器の弱い人の体質改善の薬として老若男女に使われています。




八仙宝寿丸
八仙宝寿丸は中国名、八仙長寿丸を基本処方として、肺の機能改善に有効な麦門冬、五味子の生薬を加えた補腎薬です。
効能は疲労倦怠感、口やのどの渇き、腰や脚の痛み、夜間多尿などに悩まされている、お年寄りにおすすめです。
体をうるおし、呼吸器疾患や進入するウイルス、病原菌に対する抵抗力を高めます。
特に年をとると抵抗力が落ちているのでカゼから肺炎を起こし、それが命とりなる事もあります。
呼吸器の弱い人の体質改善の薬として老若男女に使われています。




冬夏虫草
冬虫夏草は、気管支の拡張、鎮静作用があり、また抗菌作用、肺結核にたいする有効性の研究が進んでいる。
病後の身体調節、体力増強に用いる。呼吸器が弱く、風寒による感冒にかかりやすい時に薬膳としてたべると抵抗力が増強する。





漢方
川那辺薬品ホームページTOPへ戻る

©2007 Copyright KawanabeYakuhin, All Rights Reserved.